内視鏡検査

当院での内視鏡検査は予約制ですが、出来るだけ患者様をお待たせしないよう体制を整えています。​
上部内視鏡検査、下部内視鏡検査どちらも、1週間以内の検査日を提示致します。
病状次第では、当日・翌日に内視鏡検査を行うこともあります。

内視鏡検査とは

内視鏡とは、外から見えない消化管の中を、先端にレンズとCCDを搭載した管状の機器を入れて観察・治療を行う医療機器です。

内視鏡検査とは

開発当初の内視鏡は「胃カメラ」と言い、文字通り先端に小型のカメラが付いており、撮影時の胃内の光の位置を頼りに撮影していました。その後、グラスファイバーの束を用いて直接胃内を観察しながら撮影できるようになり(ファイバースコープの時代)、現在はCCDを先端に搭載した内視鏡が広く普及しています(電子スコープの時代)。CCDの性能の向上により、どんどん画像は高画質化してきています。

このような歴史的経緯から、「内視鏡スコープ」と呼ぶべきなのですが、「カメラ」とも呼んでいます。

新世代内視鏡システム

より精細な画質で検査を行うことのできる、新世代内視鏡システム LASEREO(レザリオ)を導入しています。BLI内視鏡…別ファイル

BLI内視鏡

極細径内視鏡(経鼻内視鏡)

鎮静下内視鏡(いわゆる「無痛内視鏡」)

なぜ内視鏡検査が必要なのか

  1. 粘膜面の微細な色調の変化や凹凸が観察でき、早期ガンの発見に有効。X線検査は凹凸の判断はできますが、色調の変化はわかりません。
  2. 内視鏡検査は病変の一部を採取(生検)し、良・悪性を判定することができます。X線検査はできません。
  3. 内視鏡検査はX線の被爆がありません。妊娠中の人にも検査可能です。X線検査では飲んだバリウムで便秘になることがあります。

内視鏡検査受診の流れ

内視鏡検査を受診される方は内視鏡検査の流れをよくご確認下さい。
上部、下部それぞれ検査の流れが変わります。

内視鏡検査の実際の画像

内視鏡検査の一連の画像をご紹介いたします。写真は当院で使用している内視鏡(BLI内視鏡)からの映像を撮影したものです。

内視鏡検査でよくあるご質問

患者様からよくあるご質問をまとめました。よくあるご質問ページをご覧ください。

料金

検査内容/負担割合 10割負担 3割負担 1割負担
上部消化器内視鏡検査
(初診・診察・採血を含む)
22,260円 6,680円 2,230円
下部消化器内視鏡検査
(初診・診察・採血を含む)
27,880円 8,360円 2,790円
下部消化器内視鏡検査+注腸造影
(初診・診察・採血を含む)
43,720円 13,120円 4,370円

症例紹介

当院における内視鏡検査・治療の症例を紹介しております。(建築中)

ページの先頭へ

お問い合わせ・受診予約 電話番号 電話番号