内視鏡検査受診の流れ

上部内視鏡検査の流れ

検査前日の注意事項

1.検査前

検査前日の注意事項

検査当日の夕食は軽めに、午後9時以降は食事は禁止。飲み水はOK。
早目の就寝を心がけましょう。

検査当日、自宅での注意事項

2.検査当日

検査当日、自宅での注意事項

食事・ジュース等、煙草は禁止。(水・茶はOK)
血圧・心臓の薬は、当日朝も服用して下さい。

検査当日、前処置室での準備

3.検査当日、前処置室での準備

検査当日、前処置室での準備

病院に着いたら、問診表に記入、血圧を測定します。
義歯やコルセット、時計・眼鏡等をはずして下さい。
口紅もとって下さい。
携帯電話はマナーモードに。

注意事項

  • 開始時間は前後することがありますので、ご了承ください。
  • 血液をサラサラにする薬(バファリン・プラビックス・エパデール等)を服用中
  • の方は、休薬して良いか、事前に主治医に確認して下さい。
  • 鎮静下(眠った状態)での検査を希望の方はあらかじめお話下さい。
  • 極細内視鏡をご希望の方は、ご相談下さい。
  • ピロリ菌測定、腹部超音波を先に行う場合があります。
  • 採血等、事前検査が必要な場合があります。
  • 糖尿病治療中の方は、ご相談下さい。
のど(咽頭)麻酔

4.のど(咽頭)麻酔

のど(咽頭)麻酔

胃の中をきれいにするため、白い液体の薬(消泡剤)を飲み胃腸の動きをゆっくりにする薬を筋肉注射します。鎮静剤を注射する場合もあります。のどに麻酔薬を数分間ためた後、紙コップに出します。

5.内視鏡検査の開始

検査室に移動し、検査台の上に左側を下にして横になります。マウスピースを口にくわえます。
内視鏡をマウスピースを通して挿入。
力を抜いてラクに。呼吸は、出来る限りゆっくりと。

口にたまってくる唾液は飲み込まず、左口角から流し落として下さい。
検査中は、食道や胃を洗ったり、吸引したり、押し進めたりします。
空気を入れて膨らませたり、しぼませたりしながら観察します。
特に病変がなければ、検査は5〜8分で終わります。

※病変があると、良性、悪性を鑑別する目的で、病変の一部を採取(生検)することがあります。

6.検査後の注意事項

検査が終わったら少し休んで下さい。気分が悪い時はすぐに医師、看護師に伝えて下さい。
当日の車の運転は禁止です。

飲水は30分後からOKです。食事は1時間後からOKです。(まず、水を飲んでむせないようでしたらOKです)
組織を生検した場合は医師の指示に従って下さい。

下部内視鏡検査の流れ

1-1.午前中に検査する場合(9時~、9時半~)

検査前日の注意事項

検査前日は検査食を指定どおりに食べて下さい。
水分は多めに摂取して下さい(ただし、酒類、野菜スープ・コーンスープはのんではいけません)。
夜6時から、洗腸液(スクリット)を1リットルを、1時間かけてゆっくり飲んで下さい。この1リットルだけでかなり大腸が綺麗になる人もいますが、全く排便のない人もしますので、便が出なくても気にしないで下さい。

検査当日、自宅での注意事項

検査当日は、朝5時から残りの洗腸液1リットルを飲んで下さい。
水様の下痢が何回も出ますが、大腸の内容がなくなると排便もなくなりますので、その後、9時前に来院して下さい。
検査終了まで絶食ですが、水分は自由に飲んで下さい。

1-2.午後に検査する場合(2時~、2時半~など)

検査前日の注意事項

前日の飲食については同様ですが、自宅または院内で洗腸液2リットルをゆっくり飲んで頂きます。

検査前

2.検査前

検査前

検査着・検査用のトランクスにはきかえます。
大腸内視鏡検査は、腸の動きをゆっくりにする薬は筋肉注射しますが、原則として無麻酔で行います。
(希望者や、以前の検査で挿入困難がわかっている方は点滴で鎮静剤を用いることがあります)
検査着、検査用トランクスにはきかえます。

内視鏡検査の開始

3.内視鏡検査の開始

内視鏡検査の開始

検査台に横向きで寝ます。初めに肛門に麻酔ゼリーを塗り、検査を開始します。

直腸から盲腸へ逆行性にスコープを進め、それからゆっくり引き戻しながら病変の有無をチェックします。

挿入には平均で5分、特に所見がなければ10分近くかかり、計15分で検査自体は終了します。検査終了後は暫く休んだ後、診察し結果を説明します。

4.ポリープを見つけた場合

隆起した病変はポリープと呼びます。ポリープを見つけた場合はすぐ拡大観察を行い、表面の腺溝構造(ピットパターン)を調べ、腫瘍(微小な癌も含まれます)なのか、過形成性なのか診断します。

4mm以下の腫瘍性のポリープは、生検鉗子でつまむ事によって、殆どなくなってしまいます。

5mm以上の腫瘍性プリープは、基本的には治療法・合併症・注意事項を十分説明・準備をした上で、日を改めて粘膜切除術を行います。

手術はポリープの大きさが20mm以下であれば、日帰り手術で行います。
帰宅後に出血した場合は当院で再検査します。(出血した血管に医療用クリップをかけて止血します。)

※初めて大腸鏡検査を受けた方に対しては、検査後に注腸検査を行うことがあります。注腸写真は10年以上保管します

料金について

症例紹介

当院における内視鏡検査・治療の症例を紹介しております。

ページの先頭へ

お問い合わせ・受診予約 電話番号 電話番号