拡大内視鏡検査

拡大内視鏡検査とは

拡大内視鏡とは、内視鏡検査時に見つけた病変を、その場で光学的に最大約100倍に拡大し、詳細に観察することが可能な内視鏡機器および検査法のことです。

通常の内視鏡検査では、病変が見つかった場合、組織を一部採取(生検)して、病理検査に提出します。病理学的診断がつくのに1週間ほど要します。拡大内視鏡で診断すると、検査時にその場でかなり正確な診断が可能になります。

当院は、上部・下部ともに拡大内視鏡を用いて診断する医院・クリニックのさきがけです。最近、徐々に増えて来ていますが、機器も診断技術も、まだまだ普及したとはいえない状況です。

  • 図1

    少し荒れた食道

    BLIモードにすると表層の乳頭内血管が褐色に強調されます。

  • 図2

    食道乳頭血管の拡大

    白色光で拡大観察すると、乳頭内血管の増生・伸長がみられ、食道炎とわかります。

  • 図3

    BLI

    BLIモードにすると表層の乳頭内血管が褐色に強調されます。

機器だけ進歩しても診断学も進歩しなければいけない

機器の性能がいくら向上しても、診断能力が伴わなければ役に立ちません。如何に診断するかが重要です。拡大内視鏡診断学自体、発展途上ですので、内視鏡医は日々勉強し、最新の知見に精通していることが大切です。

検査する臓器を全て拡大観察するのではありません。通常観察で微妙な変化に気付く注意力、「まあ問題ないかな」などと妥協しない意志力、微妙な変化を異常かどうか判断する力が内視鏡医には必要です。

画像強調内視鏡(IEE)の時代…NBI・BLIの出現

私、副院長が大学病院(千葉大第二外科)勤務時代の平成7年から、約100倍の拡大内視鏡を用いた臨床研究が始まりましたが、その当時はNBI(Narrow Band Imaging)やBLI Blur(LARER Imaging)といった青色狭帯域光を使った画像強調法は無く、図1,2のような白色光による拡大のみで診断していました。

写真光学の世界では、「紫外線撮影」をすると肉眼で見えない表面構造が強調されることは既知の話で、私も細々と切除標本を紫外線撮影して検討しましたが、平成17年にOlympus社が青色の狭帯域光を用いたNBIを製品化したことにより、表面微細血管の診断は大きく前進しました。富士フィルム社もFICEを開発しましたが、FICEはコンピューターで分光推定して画像を構築する技術で(「演算処理によるNBI」のようなもの)、元々良い白色光画像からFICE画像に変えてもあまり血管像が鮮明になりませんでした。そうした不満がある中、平成24年春に、LASEREOレザリオが開発されました。

BLI内視鏡に続く

  • 上部食道

  • 下部食道

  • 胃前庭部

  • 噴内部

  • 体部大弯

  • 食道ヨード染色

ページの先頭へ

お問い合わせ・受診予約 電話番号 電話番号