ピロリ菌測定

ピロリ菌測定(呼気中CO2検査)とは

ピロリ菌測定(呼気中CO2検査)とは

ピロリ菌は胃の粘膜に生息している棍棒状の細菌で、長い毛を持っています。感染経路は、口を介した感染(経口感染)であろうと考えられています。
感染時期は、胃粘膜の働きや免疫機能がまだ不十分な幼小児期(特に2歳まで)に、親からの感染、井戸水を介した感染、保育施設等での感染が報告されています。

ピロリ菌に感染すると、萎縮性胃炎になり、胃・十二指腸潰瘍等にかかりやすくなります。

最近では、胃癌の発生にも強く関与していると判明しました。当院では、ピロリ菌陽性の方には、積極的に除菌することを勧めています。ピロリ菌陰性でも、ストレス性の胃・十二指腸潰瘍や胃癌に罹患することも少数ですがあります。

ピロリ菌の測定法

ピロリ菌の測定法
  • 迅速ウレアーゼ試験(内視鏡時に粘膜を生検し、その場で判定)
  • ピロリ菌抗体測定法(血中・尿中の抗体価を測る)
  • 尿素呼気試験(試薬を飲む前後の呼気を測定)
  • 便中抗原測定

があり、当院では主に(3)の尿素呼気試験を、簡便、迅速で正確なので用いています。

ピロリ菌の除菌療法は、抗生剤2種類と制酸剤1種類(計3種類)を7日間内服し、状況に応じて、制酸剤内服を続け、12週後に再測定します。除菌療法の副作用は、下痢や肝機能障害がありますが、大半が軽傷です。

ヨーグルトで「ピロリ菌に効果がある」と宣伝されているものがありますが、除菌効果はなく、抑制できるといった程度ですので、過信しないで下さい。
以下は当院でのピロリ菌陽性率と除菌成績です。

年齢別のピロリ菌検査数と陽性率

年齢別のピロリ菌検査数と陽性率

50歳以上では、陽性率は60%前後でした。拡大内視鏡検査を行って、その所見からピロリ菌が明らかにいないと診断した場合には、尿素呼気試験は行わない場合がありますので、本当の陽性率は更に低いと考えられます。

20歳代では20%ですが、20年後も20%のままで推移していくと考えられています。将来的に、胃癌は減少し、食道胃接合部癌・バレット食道癌が増加していく可能性があります。内視鏡医は、そういった癌を見落とさないことが大切です。バリウム検診でも同様の注意が必要ですが、バリウムでは精度の高い検査は余り期待できません。

ピロリ菌を除菌した症例

ピロリ菌を除菌した症例 一次除菌

  TOTAL 成功 不成功 成功率 使用薬
~2003年 213 188 25 88.30% タケプロン
2004年~2006年 623 465 158 75.40%
2007年~2009年 388 279 109 71.90% パリエット
2010年~2012年3月 251 192 59 76.50%
合計 1475 1124 351 76.20%

ピロリ菌を除菌した症例 二次除菌

  TOTAL 成功 不成功 成功率 使用薬
~2006年 117 108 9 92.30% タケプロン
2007年~2012年3月 160 148 12 92.50% パリエット
合計 277 256 21 92.40%

ピロリ菌の除菌は抗生剤2種と制酸剤(PPI)を7日間内服し、その後一定期間間を開けて尿素呼気試験を再検して成功したかどうか判定します。

施設によっては4週に判定するところがありますが、それでは数値が下がりきっていない場合があります。ですから、当院では3か月後に判定しています。

除菌療法を始めたころは一次除菌成功率は80%以上でした。徐々に下降してきました。耐性菌が増えたためです。

当院では、酸抑制効果が強いといわれているパリエットに2007年から変えて除菌を行っていますが、成功率は73%と漸減傾向は抑えられません。

除菌する前は、PPIを使わない、一週間の禁酒禁煙を徹底する、3種の内服はしっかり守ってもらうことに注意しています。

2次除菌は、変わらず92%台を維持しています。3次除菌は現在、多施設で研究中で、当院では千葉大学に紹介しています。

ピロリ菌測定の流れ

ピロリ菌測定をご希望の方は検査の流れをご確認下さい。

料金の目安

簡便で最も正確と言われている尿素呼気試験(UBT)を中心に実施しています。
UBTのみを希望して来院した場合は、保険適応外です:8,210円

内視鏡検査を行い、萎縮性胃炎等と診断された場合(UBTは保険適応となります。) 初診料+採血+内視鏡検査+UBT:3割負担…7,490円
(病変を生検した場合、初診料+採血+GS+生検1臓器+UBT:3割負担…11,830円)
他院で内視鏡を受けていて、ピロリ菌を調べるように言われて来院した場合 初診料+ UBIT:3割負担…2,460円

ページの先頭へ

お問い合わせ・受診予約 電話番号 電話番号