鎮静下内視鏡

鎮静下内視鏡
(意識下鎮静法による内視鏡、いわゆる「無痛内視鏡」)

当院では、鎮静下内視鏡も行っています。

一般に、内視鏡検査で苦痛な箇所は、のどを通る時、胃を押し下げて進む時、胃を膨らませる時です。以前に内視鏡検査で「とても辛い」思いをした人、内視鏡が動くたびに嘔吐反射が頻回に起きてしまう人、内視鏡検査に対する恐怖心が強く検査を受ける決心がつかない人などには、鎮静下内視鏡を薦めています。

通常の咽頭麻酔(のどの麻酔)の他に、点滴から鎮静剤を投与して「ウトウトしている」状態で内視鏡検査を行うものです。全身麻酔ではありません。心電図・酸素飽和度・血圧・脈拍をモニターしながら検査は行われます。

鎮静の長所

苦痛なく検査を受けることができる。

鎮静の短所

  • 鎮静剤の副作用が0%ではない
  • 検査前後に時間がかかる、医療費が(10割負担で)約3,500円、追加される
  • 検査中に受けた内視鏡の記憶が無いこと、検査中の自分の行動を覚えていないことへの不安
  • 検査後に車の運転、機械操作、重要な仕事・判断は不可
  • 付添の人が(原則)必要
  • 精査する為に、検査中に息を吸ったり吐いたりしてもらう事ができない。

特に⑥は病気の見落とし、診断精度にかかわる問題です。

咽頭麻酔のみで検査を行った場合、長所・短所が逆になり、短所は一つだけです。苦痛を最小限にする為に、医師・看護師は日々、医療技術・看護技術を磨いています。

鎮静剤使用後に関する注意

  • 検査終了後、1時間(~2時間)、院内で安静にしていて下さい
  • 事故につながる危険があるので、車・自転車を運転することは不可
  • 原則として、付添の方と同伴で帰宅して下さい

鎮静剤の拮抗剤で目は覚ましますが、拮抗剤の半減期が鎮静剤より短い為、検査終了後1~2時間後に鎮静剤の作用が再び発現することがあります。

ページの先頭へ

お問い合わせ・受診予約 電話番号 電話番号