正確に、迅速に、
病気に向き合う
内視鏡検査に特化した診療体制で
健康をサポートします

大腸内視鏡、令和2年検査結果

激変の令和2年が終わり、終わった途端、ようやく緊急事態宣言再発出になったものの、千葉県も新規患者数、重症患者数もなかなか期待するように減少しません。
21日、良いのか悪いのか、宣言解除になりましたが、ワクチン接種も手間取っているようですし、国産ワクチンも遅々として承認されず、更にハードルも上げられてしまいました。

さて、2月28日で今年度の検診が終了しましたので、昨年1年間の大腸内視鏡の結果を報告します。
今年も職員一丸となり、変わらず地域医療を継続していきます。宜しくお願い致します。

 

1) 総検査数418例(昨年は480例、昨年比13%減)

   特に4月は27例で40%減、5月は16例で54%減でした。
TotalColonoscopyは410例試み、完遂409例
盲腸到達率99.8%、回腸末端観察99.5%。
男女比は、ぴったり209:209
うち、鎮静下(ドルミカム使用)の検査は15例3.6%でした(男2:女13)。

 

 

2) 盲腸到達時間  中央値4.6分(男3.6分、女5.4分)

1.~3分以内に到達:125例(30.5%)
2.~5分以内:139例(33.9%)
3.~10分以内:119例(29.0%)
4.10分越え:27例(6.6%)
 男性の方が大腸の短い人が多いようです。盲腸到達に10分を越えてしまった人は6.6%ですが、50代、60代の女性に多い傾向にあります。

 

 

3) 年齢 24-89歳、平均61.2歳

高齢になるに従って受診が増加するのですが、男性は働き盛りの30歳代で1度心配になり受診、女性は40歳代から受診が増加してきます。
「40歳になったら一度は大腸内視鏡を」と薦めています。

 

 

4) 検査目的

1.大腸癌検診で便潜血陽性になり、来院  138例 
そのうち腺腫・癌あり84例(ADR=61%) (癌発見率8.0%=11例)
2.過去に受けた大腸検査、polyp切除後の経過観察  97例
そのうち腺腫・癌あり52例(ADR=54%) (癌発見率1.0%=1例)
3.出血(血便、黒色便、貧血等)  54例
そのうち腺腫・癌あり23例(ADR=43%) (癌発見率1.9%=1例)
4.便通異常(下痢26、便秘32)  72例
そのうち腺腫・癌あり29例(ADR=40%) (癌発見率1.4%=1例)
5.腹痛  29例
そのうち腺腫・癌あり9例(ADR=31%) (癌発見率3.4%=1例)
6.その他(治療内視鏡、潰瘍性大腸炎の経過等)  28例
5) 発見された癌15例について
年齢:38歳~82歳(平均62.1歳)、男女比=8:7
早期癌は9例、進行癌は6例
(検診発見例では、早期癌7例、進行癌4例)。

次回は、癌の内視鏡画像のいくつかを供覧致します―――

食道・胃内視鏡検査

当院では、拡大(経口)内視鏡検査、極細径(経鼻)内視鏡検査を取り入れています。拡大内視鏡は、従来よりも詳細に観察することができるため、見逃しがちな微細な病変も発見することができ、またその病変についてかなり正確な診断が可能です。

大腸内視鏡検査

拡大内視鏡を用いて、従来の内視鏡なら見逃してしまいがちな病変部もしっかりと診断いたします。大腸がんの原因のほとんどは大腸ポリープと言われており、検査でポリープを早期発見できれば、大腸がんを予防することができます。

内視鏡検査が怖い…
という方へ

各内視鏡とも、苦痛をできる限り和らげるために尽力しておりますが、
それでもやはり怖い、検査に踏み切れない、という方もいらっしゃると思います。
そういった方に対しては、「鎮静下内視鏡」をお勧めしています。

点滴から鎮静剤を投与して「ウトウトしている」状態で内視鏡検査を行うものです。
全身麻酔ではありませんので、うっすらと意識はありますが、
ほとんど眠っているような状態ですので、恐怖心がかなり和らぎます。

有馬外科胃腸科の内視鏡検査の特徴

お待たせしません

通常、内視鏡検査は多くのクリニックも、2~3週間待ちです。しかし当院では、1週間以内、急を要する場合は翌日などに検査ができるよう、体制を整えております。

微細な病変も見逃しません

拡大内視鏡を用いて、従来の内視鏡なら見逃してしまいがちな小さな病変もしっかりと診断いたします。発見が早期であればあるほど、治療の成功率は上がります。

その他の診療のご案内

地域の皆さまのホームドクターとして、内視鏡検査以外にも様々な検査に対応しております。
また、検査以外にもお身体のことでお困りのことがございましたら、お気軽にご来院ください。
近隣の病院・専門機関とも連携しており、必要に応じてご紹介させていただきます。

院長からのメッセージ

私は、千葉大学第二外科勤務時代の1994年から食道粘膜の拡大内視鏡観察による正常組織・炎症・癌の検討を始めました。
日本消化器内視鏡学会で毎回研究発表し、97年と98年に日本消化器内視鏡学会雑誌に原著論文を発表し、その結果、「食道粘膜の拡大観察による検討」で1999年に学会賞を受賞、学位もこの研究で取得しました。
現在も食道がんの微細血管診断・分類に携わっている、拡大内視鏡診断の先駆者です。

日本消化器内視鏡学会、食道色素研究会、拡大内視鏡研究会、早期食道癌診断勉強会などにほぼ毎回参加して おり、これからも勉強していくつもりです。

ページトップへ